スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最期の日

るちや私たちに、温かいコメントをくださった皆様、
どうもありがとうございます。
落ち着きましたら、お返事をさせていただきますね。


ブログを書くことが、今の私にはとても大切になっています。
るちのことを、少しでも詳しく書いておきたい。
きっと、忘れたくなくても、時間が経つと
細かい部分から記憶は薄れていってしまうと思うんです。
いろんなこと、るちのことや今の気持ち、考えたこと
重い話ですし、人によっては猫の最期の様子なんて悪趣味、と
感じられるかもしれません。
かまわないと思われる方だけ、できればおつきあい下さい。

******

月曜日、早退するつもりで会社に行きましたが
私が帰る前に、もし るちが一人で行ってしまっていたら…と思うと
気が気じゃなかったので、火曜日はとても会社に行けませんでした。
そうはいっても、その時点では実際にるちが
すぐにどうこうなるとは思っていなかったんですが(矛盾してますね)。

火曜日の朝、るちは前日の夜と同じ格好のまま、静かに寝ていました。
寝ているるちは本当に静かで、目を凝らしてお腹の毛が動いているのを見ないと
生きてるのかどうかわかりません。

わき腹は呼吸に合わせて上下していて、脇の下あたりの毛は
心臓の鼓動で、お腹よりもずっと早くトクトク動いています。
前日までは、たまに目を覚まして顔を上げたり、
あおーんって鳴いたりしていましたが
この日は、少し手を伸ばしたりすることがあるだけで
ほとんど動きませんでした。

いおは仕事に出かけましたが、私はるちの横で布団を敷いたまま
うとうとしたり、るちをなでたり、そうっと抱っこしたりしていました。
るちは抱っこされるのが嫌いで、具合が悪くなってからは
触られるだけでもうるさそうだったので
それまでは遠慮してたんですが、もう今抱いておかないと
いつまでチャンスがあるかわからない、と思ったので。

るちは顔の毛も長いので、寝ているとよくわかりませんでしたが
抱き上げて覗き込むと、この日は目が半分開いています。
今まで、普通に熟睡してるときも、うっすら目を開けていることはありましたが
そういうときは、瞳孔が針みたいに細くなってるんです。
このときは、寝てるときよりも目の開き方が大きく、瞳孔も開き気味。
意識はなかったと思いますが、眠っている、というのとは違うようでした。

口の周りが、流れ続けた涎で黒く汚れ、がちがちに固まっています。
前日、病院の看護士さんがお湯で優しく洗ってくれて
「おうちでも少しずつでいいので、嫌がらなければやってあげて下さい」と
言われたのを思い出し、目が覚めたら綺麗にしてあげようと思いましたが
なかなか意識が戻りません。
待っていても様子は変わらないようだったので、お昼前頃に
お湯を持ってきて、布団の上でそっと抱いて、タオルをあててみました。


タオルとお湯の感触で、るちがちょっと口を動かしました。
口に入ったお湯をなめてくれてるのかな?と思いながら洗っていると
るちが、ひくっ、と顔を動かしました。

あっと思って、慌ててタオルを放り出し、るちを布団の上に横たえます。
るちは小さく、ひくっ、ひくっ、と何度かした後、一度は静かになりました。
私もるちに向かい合う形で横になり、るちの顔を間近で見られるようにしました。

るちは、ちょっとの間落ち着いたかと思ったんですが、
少しすると、ハッ、と口を開きました。
それからしばらく静かになって、また、ハッ、って。
その合間には1,2度、伸びをするようにゆっくり手足を伸ばしたりも。

そのとき、るちは今、自由になるために、
最後にがんばっているのかな、と初めて感じましたが
私は「るち、がんばれ、がんばれ」って囁きながら、るちの邪魔をしないように
そうっと身体をなでて、るちの顔と、お腹の鼓動を見比べることしかできませんでした。

呼吸の動きはそのときにはもう見えず、鼓動だけが
かすかに毛の揺れでわかりました。

すごく長い時間に感じましたが、多分、喘いていたのは5分くらいのものだと思います。
何回目かに、るちが息を呑んで口をあけたあと、
気がついたら、いつのまにか鼓動の動きもわからなくなっていました。
なので、厳密にはどの瞬間に、るちが身体からいなくなったのかはよくわかりません。

「るち、もう終わっちゃったの? もういないの?」って聞きながら
一生懸命お腹をさわったり、鼻に指を当てて息を見ようとしたりしましたが
なんだか動いてるような気もするし、でもやっぱり全然反応ないし…
抱き上げたら、頭がぐらっと倒れるので、ああ、もうここにはいないんだなあと思いつつも
温かいので、まだもしかして意識が戻るんじゃないかって
どうしても思えてしまいます。
亡くなるときは、吐くとか、失禁するとか何かあるかもと思っていましたが
るちは何もそういうことはなくて、
喘ぐっていっても、すごく苦しそうとかじゃなくて
息をするため(とめるため?)に、ちょっとの間がんばった、ていう感じでした。


しばらく、抱っこして、るちに話しかけたり、顔を触ったり、なでたりしていました。

20分くらいしてからかな。
もう、本当に、戻ってこないみたいだったので
いおと、ずっと病院通いに協力してくれてた(この日も午後一緒に行く予定だった)実家の母に
連絡しました。


メールを見て、いおが早退して帰ってきてくれたんですが
それまでの2時間くらいは、妙に冷静になって布団を片付けたり
るちを抱いて号泣したり、なんだか、
自分でも気持ちをどう処理したらいいのかわからなくて、
おろおろしてたように思います。
とりあえず、ブログの報告をすることだけは覚えてました。

るちのことは、るちのベッドにまた寝かせてあげました。
るちががんばってる間、びんやもかは特に変わったことはありませんでしたが
もう、もかを閉じ込めておく必要もなくなったので
リビングに解放したら、るちのことをものすごくくんくんやっています。
最初はしんみりしながらその様子を見てたんですが
だんだん、もかがるちの耳の中をべろべろなめまくり出したので
こりゃ、全然死者を悼む気持ちがないじゃん! とあわてて
るちをベッドごと救出して、椅子の上に避難させました。

いおが帰ってきてくれてからは、会話しながら
事態に対応できたので、すごく楽になりました。

その時には、もう るちの身体は固くなり始めてたので
もうこの身体にはいないんだってことが納得できましたし
かえって、早くなんとかしてあげなくちゃ、という気になりました。

いおと一緒に、お世話になった病院へ、手土産を買って報告に。
家に帰ってからは、実家の父母が るちに会いに来てくれました。
それに、病院で教えてもらった霊園にも、翌日の予約の電話を。
それから、るちと一緒に入れてあげるお花も買いに行きました。


この日の午後から夜は、気分的にはかなりハイだったと思います。
すごくきっぱり割り切った気持ちになった次の瞬間には
涙があふれてきたりしました。
丸一日以上たった今も、まだちょっとその傾向は残ってますが…

いおとは、いっぱいいっぱい、るちの話をしました。
でも、まだまだし足りません。
もっともっと、るちのことを考えたい。

るちが可愛かったこと。
ツンデレだったこと。
賢かったこと。
黙って、いろんなことを耐えてくれる子だったこと。
こんな私を慕ってくれたこと。
可愛かったこと。
特別な子だったこと。
可愛かったこと。

るち。 るち。 るち。


夜は、るちのベッドを私たちの枕元に置いて、一緒に寝ました。


***応援のポチをいただけると、はげみになります♪***
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
スポンサーサイト

theme : ポメラニアン♪
genre : ペット

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

るちくん、残念でしたね。
でも、頑張りましたね。

最期を、りむさんに見守られて、
るちくん、嬉しかったと思います。

もかくんも、るちくんに最後のお別れの
ペロペロをしたのでしょうね、きっと。

るちくん、お疲れ様でした。
楽になってくださいね。
ご冥福をお祈りしています。

りむさん、いおさん、
お身体を大事にしてくださいね。

No title

るちくん 旅立っていったんですね
残念です・・・でも とっても頑張りましたね
大好きなりむさんに 最期まで見守ってもらって
るちくん きっと嬉しかったと思います
りむさん いおさん お疲れさまでした
私もミッキーを亡くしたとき
パパと3人 川の字で一緒に寝ました
悲しくて寂しくて 泣いてばっかりの毎日で。。
りむさんも焦らないで ゆっくりゆっくり元気になってくださいね

るちくんのご冥福を心よりお祈りしています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ。
大変な事態だったのにブログを見るのが遅くなってしまいました。

るち君、旅立ってしまったんですね。
犬や猫は悲しいほど寿命が短いので、いつかその日はやって来て
しまうものですが、だからといって簡単に割り切れるものではないと
思います。

しばらくはるち君との思い出に浸りながら、思い切り悲しんであげることが
むしろ弔いになるかと存じます。

神奈川から真熊と共にご冥福をお祈りします。

>バニラブルーさん

ありがとうございます。

もかが、初めて思うようにるちに近寄れたのが
命が尽きてからというのは皮肉でした。
るちは、何にでも慣れるのが遅かったので
もかが来た頃、「もかと仲良くなる前に寿命が尽きちゃったらどうしよう」なんて
冗談を言ってたんですが、まさか本当にそうなるとは…

私たちにもお気遣いいただき、ありがとうございました^^

>ミッキーママさん

ありがとうございます。
るちはせいいっぱいがんばったと思います。
ずっと一緒にいたので、今にも物陰から現れるような
気がするんですが…

私たちのことも気遣ってくださって
ありがとうございました^^

>局長さん

ありがとうございます。
この日が来ることは、頭ではわかっていたんですが
やっぱり現実となるとなかなか受け入れることが難しいですね。

るちのことをいっぱい話して
いろんなことを覚えておこうと思います。
プロフィール

**りむ**

Author:**りむ**
いお: ダンナ


もか(もとちか): ポメラニアン♂

2009.01.19~

るち(シルバー): ヒマラヤン♂

1995頃~2011.05.17

びん(かりん): mix♀

2001.06頃~2011.11.18

ゆき(ゆきかぜ): ソマリ×ラグドール♂
mika0007.jpg
2011.09.22~

みか(みかづき): ソマリ♀

2011.10.17~


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
ご注意ください
※当blogのいかなる写真・イラスト・文章も、無断で使用・改変されることは固くお断り致します※
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ村
*ランキングに参加しています*
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
twitter
☆ツイッター始めました。 フォローしてくれたら嬉しいな♪☆
ガーデニング
フラワードーム
最新記事
月別アーカイブ
Cool Dog Site of The Day
2010/2/15の[dogmark.net Cool Dog Site of The Day JAPAN]に選ばれました♪
365Calender
WAN CLOCK
イケポメパラダイス
バレンタインチョコ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。